「池袋でおすすめの脱毛サロン【目的・悩み別の選び方】」について
東京には沢山の脱毛サロンやエステがあります。中でも池袋はアクセスも良く人気のお店がたくさん集まっているエリアです。脱毛専門サロンだけでなく、総合エステ、美容クリニック、医療脱毛クリニックなど種類も豊富です。脱毛方法も光脱毛、レーザー脱毛、美容電気脱毛、ブラジリアンワックスなどニーズに合わせて選べます。
2017
池袋で脱毛ができる場所としては、ジェイエステティック、エステティックTBC、エピレ、ディオーネ、ラ・ヴォーグ、脱毛ラボ、ピュウベッロ(ヴィトゥレ)、ラットタット、レイビス、エルセーヌ、エターナルラビリンス、ロータス(lotus)、PMK、ラックス(RAX)、グレース、ピュア(Pure)、エアー(Air)などがあります。 絶対に池袋で脱毛したいというのでなければ、リンリン(元ワクワク、WAKWAK)はどうでしょうか。リンリンは池袋に店舗が無いので、他の地区ですと三軒茶屋店か自由ヶ丘店が近いです。 東京都内で探すとトルクェ、カレン、レリエフも良いかもしれません。 総合エステなら無駄毛を無くすだけでなく、痩身やフェイシャル、ボディシェイプ、シミやシワの解消など幅広いメニューがあります。料金システムも月額制から回数制や都度払いなど様々あります。 脱毛で人気の高い部位は両ワキです。電車の吊革に捕まっていて脇毛が見えたら恥ずかしいですからね。入門用に格安のワキ脱毛体験プランを用意している所も多いです。まず試してみたいというなら脇をおすすめします。他には腕(肘、ヒジ下、二の腕)や足(太腿、膝、ヒザ下)、顔(うなじ、襟足、もみあげ)、VIOなども人気です。VIOはハイジニーナやハイジーナとも呼ばれるデリケートゾーンの脱毛です。Vラインはビキニライン、Iラインは股の間、Oはヒップ奥(肛門)の処理をします。サロンによっては3~5割もの人がVIOもお手入れするそうです。 脱毛サロンのプランには幾つか種類があります。ざっくり言うと回数制、月額制、都度払いです。回数制というのは、契約時に複数回脱毛することを決めて最初にその料金を払います。脱毛できる回数が保証されているので、毎月通えないという方でも安心です。保証のしかたはサロンによって違いますが、例えば2年間の保証などがあります。月額制は毎月定額料金を支払うプランです。月額料金は安めに抑えられていています。毎月通えるなら回数プランよりも割安になります。もし通えない場合でも月々の支払いは発生するので、定期的に通えないという場合は適していません。都度払いは、脱毛する度にその都度支払うプランです。施術した分だけを払えば良いので安心感があります。しかし、回数制や月額制に比べると割高になります。 脱毛サロンを選ぶ際に口コミを参考にする方も多いと思います。脱毛効果や痛みの感じ方というのは人それぞれで個人差が大きいです。Aさんが全く痛くないと思ったサロンでも、Bさんにとっては痛いこともあります。脱毛効果の出方も同様で、6回でツルツルになる人もいれば12回必要になる人もいます。ですから口コミだけで判断すると失敗しやすいです。そのお店で使っている脱毛マシンがどのようなものかをチェックすると、効果や痛みのあるなしが分かります。 PCやスマートフォンでネット予約できると便利です。電話だと営業時間内にしか予約できませんし、聞き間違いなどの失敗もあります。ネットから24時間いつでも予約できます。 レーザー脱毛がしたい場合は医療クリニックや美容外科などの医療機関や病院になります。例えば、アリシアクリニック、フェミークリニックがあります。レーザー脱毛は永久脱毛と宣伝されていますが、永久に無駄毛が生えてこないというものではありません。脱毛完了して1ヶ月後に再生している毛が2割以下なら永久脱毛と呼んでいるからです。エステではレザーは行っていません。レーサーは出力の強い光を使うので医師しか施術できないからです。もし医師でない人がレーザー脱毛を行ったら炎症や火傷といった肌トラブルが起きかねませんので注意しましょう。 レーザーは光脱毛(フラッシュ脱毛)よりも効果が高いですが、同時に痛みも強いです。顔やVIOといった敏感な個所はレーザーは辛いかもしれません。そのためクリニックによっては麻酔をしてから施術を行います。医療クリニックではたまにモニターのキャンペーンなどもあります。エステではモニターは聞いたことがないですね。 脱毛には年齢制限はあるのでしょうか?エピレではキッズコースがあるので子供も脱毛できます。ディオーネ(Dione)は光脱毛よりも肌に優しく安全なハイパースキン脱毛を行っているので3歳以上の子どもなら脱毛できます。フラッシュ脱毛とハイパースキン法を比較すると脱毛の仕組みに違いがあります。人間の毛には毛周期があり、成長期、衰退期、休止期を繰り返しています。フラッシュ法では成長期で今生えている黒い毛に反応しますが、ハイパースキン脱毛は休止期にある毛根に作用します。皮膚へのダメージも少ないので安全です。 ディオーネのハイパースキン法の光にはフォト美顔の光も含まれるそうです。フォト美顔というのは光を使うフェイシャルエステのことです。フォトフェイシャルや光フェイシャルなどと呼ばれることもあります。光を照射することで肌内部でのコラーゲン生成をサポートし、お肌の生まれ変わりを促します。そのため、フェイシャルエステではシミやシワなどのアンチエイジング用に使われています。また、ニキビや肌荒れにも良いそうです。自己処理で傷めてしまったり黒ずんでしまった肌におすすめです。 唇や口の周り、小鼻の周り、フェイスラインは産毛が多い場所です。産毛だからと言って放置しておくと、日差しの加減によってはヒゲが生えているようにみえることもあります。まれに太毛が生えてきて本当にひげかと思われてしまっても恥ずかしいです。顔脱毛では主に産毛をお手入れします。そうすると化粧ノリも良くなると言われているので人気の高いセットプランでもあります。顔専門のサロンもあり、鼻毛までお手入れしてくれます。眉毛が繋がってしまうという人は眉間も処理するのがおすすめです。 女性専用のエステサロンは、スタッフやエステシャンは基本的に女性のみというお店がほとんどです。スタッフのお客様への対応が良いと評判のところや、エステシャンの技術力が高いところがおすすめです。技術がないとマシンの出力を適切に設定したり丁寧な施術が行えないので、効果が半減したり痛いことがあるからです。美容クリニックならドクターや看護師の患者への対応が良いところがおすすめです。 無駄毛で悩んでいるのは女性だけではありません。メンズエステや医療クリニックでは、男性の脱毛も増加傾向にあります。男性の脱毛部位で多いのは髭や胸毛、お腹のヘソ周り(ギャランドゥ)です。医療レーザーでヒゲ脱毛をするととても痛いそうです。ある人に聞いたら顔に剣山を刺されているような感じだそうです。それはちょっと苦痛ですね。そのため麻酔をしてから処理するクリニックもあります(はゴリラクリニックなど)。 無制限に脱毛し放題というコースプランも登場しています。安いところでは20~30万円で期限もなく何度でも通えるというものです。定期的に通うのは難しく、期限を決めずにずっと通いたいという方に最適だと思います。定期的に通える方は回数パックや完全月額制の方がオトクなのでおすすめです。 逆におすすめしないのは激安の全身脱毛です。相場では全身脱毛1回に2万円ほどなので、それを大幅に下回るなら注意した方が良いでしょう。例えば、値段は安いけど効果が低いので、何度も通うことになり高くつくことがあります。いくら価格が安くても効果が出ないのでは意味がありません。プランの値段だけでなく、施術周期などもチェックしましょう。 勧誘が不安な人は、無理な勧誘をしないと宣伝しているところが良いです。有名な大手のサロンなら強引に勧誘することも少ないでしょう。大手はテレビCMや電車の中吊、宣伝広告に莫大な費用をかけているので無茶な勧誘をして悪い口コミが広まるとせっかくの宣伝が無駄になってしまうからです。近年ではツイッターやフェイスブック、LINEなどで炎上することもあり、大手ほど気をつけています。 脱毛サロンを選ぶときには定価だけでなく脱毛機のスペックや肌ケアの内容なども比較検討するようにしましょう。細かく検討していくことで特徴の違いが見えてきます。有名で評判の良いところはそれなりの理由があることも分かってきます。それぞれの項目をランキングで見ると分かりやすいです。悩みや疑問がある場合には無料カウンセリングで解消してから契約するようにしましょう。 自宅でむだ毛の処理をするとしたら、いくつか方法があります。お手軽なところではT字カミソリや除毛剤、ワックスなどです。少しお値段が張るものなら家庭用脱毛器や電気シェーバーがあります。 一番お手軽なのはカミソリで処理することですが、肌トラブルも多くあまりおすすめできません。カミソリを使う人は、お風呂でしょりすることが多いと思います。お風呂でむだ毛を剃って、湯船につかるとお肌がヒリヒリしたり炎症を起こしたりしませんか?カミソリでしょりするとき、自分では丁寧に剃っているつもりでも肌を一緒に剃っているのです。目には見えないような細かな傷がお肌についてしまいます。そしてその状態で湯船につかると、お湯に存在している雑菌が傷から入って炎症を起こすためヒリヒリしたり赤くなるのです。 光脱毛で無駄毛を処理すれば、自宅でセルフ処理をする必要もなくなり、自己処理で肌を傷めることもありません。そうすれば、すでに傷めてしまった肌も徐々に綺麗な状態に戻っていくでしょう。光脱毛が美肌に良いと言われるのはそのような理由のためです。 脱毛エステの人気が高まる季節は夏です。真夏になると薄着になったり、海やプールで水着になったりするからです。しかし、夏ころからエステ脱毛を開始しても間に合いません。遅くても春、できれば前の年の冬から始めるのがおすすめです。毛周期の関係で、一度や二度脱毛してもまた毛が生えてくるからです。それともう1つ理由があります。光脱毛は日焼けをしているお肌には施術できない場合があるからです。春から夏にかけて、気にかけていない人は日焼けをしてしまうかもしれません。そういう意味でも冬から脱毛を始めるのが吉です。 自由に店舗を移動できる脱毛サロンもあります。そのようなお店なら今月は池袋の店舗で脱毛したとしても、次回は新宿や渋谷、銀座、青山、上野などの店舗で脱毛するということも可能です。自由度が高ければ、そのときの予定や都合に合わせて店舗を選択できるので非常に便利ですね。また都内だけでなく、全国各地に店舗があると長期の休暇(夏季休暇、冬季休暇など)のときに実家に帰省して、そちらで脱毛するということも可能ですね。ですから、関東(横浜など)だけでなく関西(大阪)にも店舗があるところを選ぶという選択肢もあります。北は北海道の札幌から、南は沖縄や九州の福岡、北九州まで、それに大きな地方都市である愛知の名古屋や栃木の宇都宮など、自分がよく行く地域を調べるのもおすすめです。 年齢によって人気の脱毛部位は違うのでしょうか?ほとんどの年代で人気が高いのはワキや腕、足の脱毛です。若い人に支持されているのはVIO脱毛です。 脱毛費用を安くする裏技として、サロンの掛け持ちをするのが良いと言われることがあります。例えば、両ワキ脱毛の格安キャンペーンやVIOのキャンペーンを利用すれば安く脱毛できそうです。確かに安いキャンペーンを掛け持ちすることで安くなりますが、複数の店舗に通うのは少し大変です。また、全ての部位を脱毛するのは難しいでしょう。全身を脱毛したいなら、最初から全身脱毛のプランを申し込むのが楽だと思います。いきなり高額な全身脱毛コースを契約するのは抵抗があるので、最初は安い体験プランを利用するというのはとても賢い選択です。 学生の方は学割(学生割引)のあるところを選ぶのも手です。他には他社からの乗り換え割引をしているところもあります。例えばキレイモでは、乗り換え時に他社で脱毛が完了しているパーツの分は割引してくれるサービスを行っていて評判が良いです。 ツルツルの肌にするには何回くらい脱毛すれば良いのでしょうか?早い方では6回程度、普通は10回程度必要と言われています。効率的に脱毛できるサロンでは2~3ヶ月に1度脱毛するので、期間にすると1年半から2年ほどかかることになります。大体1年6回ほど脱毛すれば、大分薄くなってきて、自己処理の回数も減ってくると言われています。